【更新】アウトドア・キッチンの見積書大公開

アムスタイルとの出会い

2010年2月。GAGGENAU(ガゲナウ)が欲しいから分譲マンションを買いたい、とオットが突然言い出しました。そこから新築リフォームでのオーダーキッチン作りがスタートしたのです。

まず、最初に行ったところは、ガゲナウのショールーム。

 

GAGGENAU(ガゲナウ)とは

ドイツのブランド。バウハウスの影響を受けたミニマル(必要最小限)なデザイン。アルミの本体にフロスト加工のガラス扉を使うなど、涼感のあるフェイスは独特。日本でも世界的にもハイグレードなブランドがガゲナウといえる。

公式ホームページ▶︎▶︎▶︎ガゲナウ

オットが欲しかったのは「バーベキューグリル」と「オーブン」、「ハイカロリーバーナー(コンロ)」。私は「食洗機」。その4つだけ購入するはずが・・・2種類あるオーブンはどちらかに選べず2つ欲しいと言いだし、挙句の果てにはワインセラーも欲しいと言い出す始末。とにかくガゲナウに惚れ込んでしまいました。

そもそも、突然の思いつきのように始まったキッチン作り。なので、どうやってガゲナウを導入したらいいか、全くわかりません。ガゲナウ・ショールームの方に「よく納入するキッチンメーカーさんを教えてください」と頼み込んで、2社ほど教えてもらいました。その一つがアムスタイルでした。

実際にデザイン案をあげてもらったのは、ガゲナウに教えてもらったユーロモビル、同じくドイツのキッチンメーカーのポーゲンポール、そしてコストパフォーマンスが良いクッチーナの合計4社。

その4社の中で最終的にアムスタイルした決め手は、「1cm単位で調整できる」「面材が好み」「オーダー家具が同じ面材で製作できる」ことでした。

我が家は、最終的には、キッチンほか、ダイニングテーブルとリビングの造作家具をオーダーしましたね。

2010年のオーダー・キッチンのお値段は?

何度も何度も打ち合わせをし・・・まずは最終的に決まった図面から。

 

ここから先の記事はウェブ会員さま向けとなります。
下記よりぜひご登録くださいませ。

関連記事

  1. おしゃれな建材・建築資材のサンワ・カンパニー

  2. ローンの話

  3. 空家リフォームの勉強『空家再生型不動産投資』の本

  4. morso(モルソー)のアウトドア薪オーブン

  5. 空き家の片付けにかかった時間と費用について

  6. 民泊の準備:日経トレンディ2018年2月号『お金を増やす&稼ぐ』から

  7. 【2018年7月現在】リノベーションにかかった費用と今後の見積もり

  8. 【更新】アウトドア・キッチンの打ち合わせ〜経過報告〜

Member’s Only

  1. DIYリノベーション

    【2018年7月現在】リノベーションにかかった費…
  2. Web Member

    ローンの話
  3. Web Member

    【更新】アウトドア・キッチンの見積書大公開
  4. Web Member

    和モダンな家具
  5. Web Member

    空き家の片付けにかかった時間と費用について
  6. Web Member

    空家リフォームの勉強『空家再生型不動産投資』の本…

空き家や実家、相続などで受け継ぐ不動産があるならば、一度査定してもらった方が目安になります。

error: Content is protected !!